2015年8月25日

DHAサプリの酸化予防成分はそれだけが目的じゃない?

現代社会で必須の成分・DHAにも欠点が!?

サプリメントの世界でも定番中の定番と言ってもいい成分はDHAと言っても過言ではありません。脳から視力、血液まで全身に関わっている成分なのに、魚からしか摂れないのでサプリメントでしか実質必要な分を摂ることが出来ないので求める人が多いのも当然です。しかし、そんなDHAも決して無敵ではなく、欠点も抱えています。それは油の宿命でもありますが、酸化しやすい性質があるのです。参加してしまうと本来の効力よりも効き目が少なくなってしまいます。

酸化対策にDHA以外の成分をプラス!

そこで多くのサプリメントを製造しているメーカーは酸化対策に力を入れることになります。パッケージが日光をシャットアウトする袋にしているのもそのためですが、それだけでは油の酸化しやすい性質を根本的にどうにかできるわけではないのですから、他に抗酸化のある成分をプラスするという方向に進むことになります。この「プラスされる成分」はDHAの酸化予防以外にも、これを服用した人体にもプラスの影響を与えることになります。

酸化予防に使われる成分たち

DHAに含まれている酸化予防の成分は、メーカーごとのアピールポイントや個性の付け所でもありますから、今ではいろいろな成分が使われるようになりました。代表的な成分はビタミンEです。ビタミンEの抗酸化作用は老化の進行を遅らせることもできますし、DHAと同じく血液がスムーズに血管の中を循環することが出来るようにしてくれます。他にもクチナシなどから摂れるクロセチンなども参加予防と健康効果の為に配合されています。こちらは寝不足や疲れ目の解消の効果が認められています。

ペニスの増大は男性にとって一生の課題であり夢です。サプリメントや手術という手もありますがマッサージ法で地道に大きくできます。忍耐が必要ですが。