2015年8月24日

電動工具を使用してDIYを安全に楽しもう

DIYにはいろいろな工具が必要

DIYという言葉はよく聞くが正直、どんな意味かは知らないという人は少なからず多いのではないでしょうか。ホームセンターに行けばDIYコーナーなどと書かれたポップももよく見ることでしょう。DIYは英語の略で自分で行うことの意味なのです。エコロジーな社会を作るためにはリサイクル事業やモノづくりを推奨して限りある地球の資源を守らなければなりません。DIYを実践する人の多くが電動工具の便利さを知っているのではないでしょうか。

初心者なら電動工具の種類から学ぼう

電動工具には色々な種類がありますが、電動スライドソーやジクソー、電動丸ノコ、ルーター、サンダー、グラインダー、電気カンナなども豊富にあります。電動ドリルにはドリルドライバーとインパクトドライバーがあり、最も使用頻度が高いのがドリルドライバーと言えるでしょう。電源はコードレスタイプと100ボルトコードタイプがありますが、作業する上では断然コードレスの充電式ドリルドライバーがお薦めです。インパクトドライバーは打撃を加えることが出来る強力なドライバーです。ドリルドライバー、インパクトドライバーともにビットが外れないようチャックをしっかり締めておくようにしましょう。

電動工具は注意して安全に使おう

DIYを趣味とする人は多く場数を増やせばその技術も自ずとついてくるでしょうが、初心者でも上級者でも電動工具の扱いには十分な注意が必要となります。お父さんのDIYを手伝ってくれる息子さんや娘さんもいることでしょうが、小さな子供には機械の仕組みを理解することは出来ませんからその危険さもまた知りません。子供には絶対電動工具を触らせないことが事故を防ぐ一番の方法です。電動工具は常に電源をオフにしておくのが基本、使用方法を守り安全に使うことを心掛けてDIYを楽しみましょう。

電動工具の買取では、工具の年式やメーカーは重視されておらず、工具が正常に動作することが買取の必須条件です。