2015年8月22日

知って覚えよう!ネジの種類、特徴、用途の3つ

こういうのもある!ネジの種類

ネジと一口で言っても、多くのネジがあります。ドライバー側が平らな皿小ネジ、ちょっとした丸みがある丸皿小ネジ、頭がナベっぽくなっているナベ小ネジ、ナベ頭より頭部が大きく丸みを帯びているトラス小ネジ、スクリュー型のドリルビス、ネジ本体に座金を組み込んだ座金組み込みネジ、頭の形が六角になっている六角タッピングネジなど、今回紹介した以外にも多くのネジが存在しています。ネジを使用する際に覚えるとよいでしょう。

それぞれのネジの特徴を知りましょう

ネジにはそれぞれの特徴があります。多くのネジが存在するように、それぞれの特徴が存在します。皿小ネジは頭が平らなため部材から頭が出ない、タップ立てや締め付けが同時にできてしまうドリルビス、ネジの先端を利用して機械の部品の動きを止めることが可能な止めネジ、ネジ自身でネジ立てできるネジのタッピングネジなど、今回紹介したネジの特徴以外にもそれぞれの特徴がありますので、使っているネジやこれから使おうとしているネジの特徴を知るのもよいでしょう。

ネジの用途を間違えないように!

実際にネジを遣おうとしても、用途が違っていたら間違っていたら意味がありません。木工家具や建築にて使用するのは基本的には木ネジと呼ばれているもの、家の内装では内装ビスやコーススレッドと呼ばれているもの、木工関係や車両、電気部品にて使用するタッピングネジなど、あらゆる場面で向いているネジが決まっています。今回紹介した以外のネジしか存在していなくて、どのネジを使用すればいいのかわからない場合は近くのホームセンターの店員に聞いたりするのも良いでしょう。

ねじの販売は安定して利益を生み出す事が出来るようになっており、現在では人気のビジネスとして注目されています。